web制作とは?

web制作の基本はデザイン

web制作とは基本的になにをするものなのでしょうか。まず行うのはデザインを決めることです。たとえばホームページのタイトルロゴ、コンテンツのタイトルロゴなどを作り、それらを画面のどこに当てはめていくのかを決定します。また、文字の大きさやフォントの種類なども決めていくことになります。web制作会社では、これらの作業をwebデザイナーと呼ばれる人が担当しますが、実際にホームページとして形にするのはコーダーと呼ばれる人たちです。
コーダーとは、webデザイナーが作ったデザインをHTMLとCSSで再現する仕事をする人で、HTMLが各ブラウザ上でどのように表示されるのかをすべて把握しており、すべてのブラウザでまったく同じように見せるというのを目指しています。

ホームページ上でサービスを提供する場合はプログラムが重要

デザインを決めたら、ホームページ上に載せる文章を書くことになります。web制作会社でこれを行うのはライターと呼ばれる人たちです。どんなに綺麗なホームページをデザイナーが作ったとしても、中身がまったく魅力がないと訪問者は増えないので、ライターの役割はかなり重要だといえるでしょう。
また、ホームページによってはメールアドレスを登録すると会員になることができて、会員専用のコンテンツにアクセスすることができたり、あるいは会員同士がメッセージのやりとりが可能になったりします。これはプログラマーが作る部分で、プログラマーは今のweb制作ではもっとも重要なポジションといっても過言ではないでしょう。というのは、会員を集める魅力的なサービスはプログラムによって提供されることが基本だからです。

web制作会社を利用することにより、セキュリティーを強化することができます。そのため、業務の効率アップにつながります。