初心者必見!web制作の基本

記載内容をまとめよう

Web制作にあたり、掲載したい情報や文章を考え、適切な画像を選ぶことからスタートします。
何を見せたい何を伝えたいと言うところから取り掛かるのがよいでしょう。
カタログの様に自分の作った商品などを掲載したい場合には、その商品名と商品の詳細を簡潔にまとめ、閲覧者がひと目でなるほどと分かる文章を書くことが肝心です。
ひとつの商品にあまり長文ですと、その先まで進まなくなるのでダラダラと長い文章でなく、ポイントを決めることも大切です。
画像は、あまり多いとサイト自体が重くなり開けるまでに時間がかかってしまうため、画像数にも注意が必要です。
まずは、誰しもが目にするTOPページにはインパクトのある画像や文章を考えましょう。

自分のサイトにはドメインが必要

文章や画像、ページレイアウトなどが決定したら、Web制作です。
プロの制作会社に依頼することはもちろん、テンプレート化した自分でも簡単にできるサイトもありますので、デザイン性にこだわらないのであれば、無料作成サイトを利用することもできます。
サイトには、ドメインとプロバイダーが必要です。ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピューターの場所を示すネット上の住所となり、同じものはふたつとありません。ドメインを取得するには、ドメインを販売しているサイトを利用し、自分の付けたい名前を検索し同じものが存在する場合には取得不可能となりますので、再度考える必要があります。
このあとには、Webサイトの情報を格納しておくサーバーが必要です。レンタルサーバーを利用することになり、これもドメイン会社と提携していたりするため、サイトから登録し契約ができます。いわゆる住所でたどり着いた家です。
ドメインとサーバーが揃ったところで、サーバー内にそれぞれのWebサイトページを格納すると公開されます。

webサイトの成果がなかなか上がらない原因はwebサイト構築が上手く出来ていないことが原因となっていることがあります。